SiteLogo SiteLogo footerLogo arrow

新しい食の文化が今、はじまる。
美しい日本のおもてなし料理。

特別な日だからこそ、おもてなしの最たるもの”料理”も記憶として心に刻んでいただきたい。
フランスから京都へ渡り、文化を超えて素材同士のマリアージュを探求し続けるステファン・パンテル氏が監修した料理で、
かつてない感動を訪れたすべての方へ。

ワールドキュイジーヌ イメージ ワールドキュイジーヌ イメージ ワールドキュイジーヌ イメージ ワールドキュイジーヌ イメージ ワールドキュイジーヌ イメージ ワールドキュイジーヌ イメージ

クラシカ表参道とステファン・パンテルの
感性の共鳴から生み出される料理の世界。

クラシカ表参道の料理を監修するステファン・パンテル氏は
京都御所南の地で「RYORIYA STEPHAN PANTEL」を営むオーナーシェフです。
クラシカ表参道総料理長の簔口氏が京都に出向き、
パンテル氏よりレシピの伝授を受けた"ステファン・パンテル コレクション"と、
簔口氏が自ら開発をした"クラシカオリジナルコース"をお楽しみいただけます。
様々な縛りにはとらわれず、その時々に出会った食材と真摯に向き合い、
心に浮かぶひらめきを形にする、他にはない一皿。
日本の四季を彩る旬の食材を中心に、ふたりのシェフの感性が織り成す美食の世界をご堪能ください。

CHEF

シェフ

ステファン・パンテル ポートレート

STEPHAN PANTEL

ステファン・パンテル
1972年、南フランス・プロヴァンス地方生まれ。
レストランを営んでいる父の影響で、13歳の頃から料理に携わり、17歳で料理学校に進学。 2年後の1992年、ニースの名門「ホテル・ネグレスコ」に勤める。
その後、パリの三ツ星「グラン・ヴェフール」をはじめ、「ジェラール・フォシェ」や「ジャック・カーニャ」などの星付きレストランで経験を積み、2001年に来日。
京都にて、「フィリップ・オブロン祇園」オープン当初よりスーシェフを務める。
2004年、「クーラン・デルブ」のシェフに就任。2006年には祇園に「KEZAKO」をオープンさせ、大きな反響をよぶ。
2014年2月、京都御所に「RYORIYA STEPHAN PANTEL」をオープン。

MOVIE

コンセプトムービー

コンセプトムービー
ウエディングトップ

TOPICS

トピックス

トピックス一覧へ

CONTACT / WEDDING

ウエディングのお問い合わせ

平日/12:00~18:00 土・日・祝/10:00~18:00
月曜・火曜(祝日の場合は営業)
定休日: 月曜・火曜 (祝日の場合は営業)
夏季休業のお知らせ

03-3498-4400

  • RESTAURANT/
    PARTYのお客様
  • WEDDING
    のお客様

※臨時休業のお知らせ
LUNCH - 11:30~15:00(L.O. 13:30)
DINNER - 17:30~23:00(L.O. 22:00)
定休日:土曜・日曜・祝日

平日/12:00~18:00
土・日・祝/10:00~18:00
定休日: 月曜・火曜 (祝日の場合は営業)
夏季休業のお知らせ